今後の期待

今後のフコイダンの健康食品に対する期待は大きく膨らんでいます。癌についてはもちろん、他の病気についての期待もあるのです。

フコイダンは、癌の他に胃潰瘍、アトピー、動脈硬化、糖尿病等の効果が期待されているようです。といいますのも、九州大学教授白畑先生の研究結果により、発表されたデータに基づきますと、フコイダンには抗腫瘍、抗癌作用、抗ピロリ菌、抗潰瘍作用、胃不快感改善作用、抗アレルギー作用、抗炎作用、肝機能向上作用、抗生活習慣病、抗糖尿病作用、抗動脈硬化症作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、抗酸化作用、血液凝固阻止作用、美肌作用があるということです。こう見ますと、フコイダンの健康食品への期待はますます高まりそうな兆しが見えます。

とはいえ、まだ研究中の段階でもあるフコイダンですが、今後はいっそうの研究成果が出るでしょうから、期待は大きいでしょう。フコイダンはそのままでは摂取できませんから、低分子フコイダンという健康食品で摂取するのが良いようです。今後の健康のためにも、フコイダンの健康食品を利用しましょう。原料となる海藻によっても、その成分は異なるようですから、買う際にはよくチェックすることをお勧めいたします。フコイダンの今後に期待を持ちましょう。

免疫力を高める

「免疫力が落ちた。」という言葉は日常会話でもよく聞くものです。普段、何げなく使っている言葉ですが、深く考えるとよくわからないといったものでもあります。それでは、そもそも免疫力とは何なのでしょうか。

免疫力とは、体に異常をきたしたときに、体を守ろうとする防御機能のことです。この免疫力が高まると抵抗力がつき、病気になりにくい体になります。つまり、リンパ液や白血球といった体内組織の働きが活発になり、細菌、ウイルス、病原菌に打ち勝つという力がみなぎるのです。そうなりますと、たとえ、病気になっても回復が早いようです。反対に免疫力が低下しますと、細菌やウイルスへの抵抗力が弱まり、病気になりやすくなります。それでなくても、20歳を過ぎると免疫力は低下の一途をたどるので、年配の人は要注意です。

そこで、健康食品である「低分子フコイダン」がお役に立ちます。フコイダンは免疫機能を上げる手助けをしてくれそうです。癌抑圧が期待されますのも、こういった成分のお陰でしょう。この効果の原因はフコイダンに含まれる多糖体にあるようで、その構造上が菌類の細胞壁の成分と似ているようですから、免疫細胞が病原菌と勘違いし、活性化するのではないかという説がありますが、定かではありません。それでも、フコイダンが免疫機能を上げるのは確かなことで、がん抑圧に関与できるかもしれないという仮説もあり、その研究成果を期待されているところでしょう。

低分子化フコイダン

低分子化とは大きな分子の物を小さな分子にすることです。その理由として、人体が吸収できる分子量が3000以下となっていますので、低分子化により、消化器官から体内への吸収がスムーズになること、腫瘍の増殖を抑制するには低分子化が有効であること(マウス実験でも立証済み)が挙げられます。

フコイダンが低分子化されているのも、その理由からです。低分子化の原料となっているフコイダンは南太平洋のトンガ産のモズクから抽出されたものです。そのフコイダンを500以下に低分子化(もとは20~80万の分子量)しまして、癌の患者さんに飲んでもらった結果、即効性がみられたそうです。フコイダンにはアポトーシス作用で細胞を死なせる働きがありますから、それが発揮されたのかもしれません。癌細胞をこのように小さくする効果については、いまだ解明中です。

低分子化フコイダンのがん抑制作用は前述しましたアポトーシス作用の他、血管新生抑制作用、免疫力強化作用があるようです。こういった作用はマウス実験でも立証されており、確かなものですが、まだ研究中でもありますから、今後の見解が期待されるところです。このように、低分子化フコイダンが癌治療を模索する医学界に一石を投じたと言えるでしょう。

フコイダン期待の効果

九州大学大学院の白畑教授がフコイダンについて、興味深い研究をされているようです。それは、フコイダンの可能性への期待と言っていいもので、今後いっそうの期待が寄せられているのも事実でしょう。その内容について、ご説明致します。それは、フコイダンが、癌治療に役立つかもしれないということです。これが立証されれば、ものすごいことで、多くの人の命が救えるでしょう。それも、サプリメントという健康食品を使ってということです。

白畑教授がフコイダンに興味を持たれたのは2002年、知り合いの医師から低分子化フコイダンについて聞いたことがきっかけでした。その医師の話を要約してご説明致しますと、治療のほどこしようのない転移進行したがんを低分子化フコイダンのサプリメントが抑えたというのです。がんは4cmほどあったそうですが、それがなくなり、腫瘍マーカーも正常値になったということでした。その患者さんは「低分子化フコイダン」を飲んでいらしたそうです。治療にあたった医師も驚きを隠せないようだったと言います。

当サイトはフコイダンに期待されているがんの治療について、ご説明致します。こういったことは誰しも興味のある内容でしょうから、わかりやすくお伝えいたしましょう。まずは、低分子化フコイダンについて、そして免疫を高めることについて、今後の期待について、まとめます。ぜひとも、こうした癌治療に前向きに考えられるよう、フコイダンの存在をアピールし、期待の成果をあげられるように願いたいものです。こう考えますと、研究者の役割りは大きいでしょうから、応援したいものです。