フコイダン期待の効果


九州大学大学院の白畑教授がフコイダンについて、興味深い研究をされているようです。それは、フコイダンの可能性への期待と言っていいもので、今後いっそうの期待が寄せられているのも事実でしょう。その内容について、ご説明致します。それは、フコイダンが、癌治療に役立つかもしれないということです。これが立証されれば、ものすごいことで、多くの人の命が救えるでしょう。それも、サプリメントという健康食品を使ってということです。

白畑教授がフコイダンに興味を持たれたのは2002年、知り合いの医師から低分子化フコイダンについて聞いたことがきっかけでした。その医師の話を要約してご説明致しますと、治療のほどこしようのない転移進行したがんを低分子化フコイダンのサプリメントが抑えたというのです。がんは4cmほどあったそうですが、それがなくなり、腫瘍マーカーも正常値になったということでした。その患者さんは「低分子化フコイダン」を飲んでいらしたそうです。治療にあたった医師も驚きを隠せないようだったと言います。

当サイトはフコイダンに期待されているがんの治療について、ご説明致します。こういったことは誰しも興味のある内容でしょうから、わかりやすくお伝えいたしましょう。まずは、低分子化フコイダンについて、そして免疫を高めることについて、今後の期待について、まとめます。ぜひとも、こうした癌治療に前向きに考えられるよう、フコイダンの存在をアピールし、期待の成果をあげられるように願いたいものです。こう考えますと、研究者の役割りは大きいでしょうから、応援したいものです。